コンタクトレンズについて


コンタクトレンズは眼鏡と違い、角膜の上に直接のせて視力補正を行うための医療用具です。 ひとつまちがえば大切な眼を傷つけ、取り返しのつかないことにもなりかねません。
コンタクトレンズはどんな方でも使用可能というわけではなく、角膜やまぶたに病気のある方や 重症のドライアイの方にはコンタクトレンズはおすすめできません。
また、コンタクトレンズには多種多様なものがありますが、 自分の眼やライフスタイルに合ったコンタクトレンズを選ぶことが大切です。 そのため、コンタクトレンズを作るにあたっては、 まず眼科医による詳しい検査と診察を受けなければなりません。
その上で、自分の眼やライフスタイルに合ったコンタクトレンズの処方を受け、 処方どおりのコンタクトレンズを使用しましょう。

また、日々の手入れや正しい使い方もとても大切です。 手入れを怠ればアレルギー性結膜炎を引き起こしたり、 使い方を誤ると角膜に大きな傷が出来ることもあります。
そして自分では異常を感じなくても定期検査を眼科できちんと受けることが コンタクトレンズを安全にかつ快適に使用するためには非常に大切です。



取り扱いコンタクトレンズ会社
ボシュロム
クーパービジョン
日本コンタクトレンズ
Johnson&Johnson


コンタクトレンズ chacha併設

side menu